Skip to main content

お触りされる可能性は?キャバクラでの具体的な仕事内容

キャバクラ嬢の仕事内容

実際のところ、キャバ嬢はキャバクラでどんな仕事をしてるかって知ってる?
自分にも務まるか不安、キャバクラではお触りもさせないといけないの?って思ってる人もいるかもしれないけど、本当のところはどうなのか!

それから、キャバ嬢がやらないといけない営業とか、お客さんに対する接し方も知っておきたいところ。
今回は、キャバ嬢の仕事内容について細かく解説していくね!

当サイトでは、キャバ嬢に向いているかもしれない性格についての紹介していますので、興味がある方は是非ご覧ください!

名刺を渡す

キャバ嬢の基本、それが名刺を渡すこと!
名刺を渡すなんて、サラリーマンみたいって思うかもしれないけど、そのサラリーマンを相手にする仕事だからこそ、キャバ嬢にも名刺を渡す文化が浸透してるんだよね。

だから自分の名刺を作ることはもちろん、その名刺のデザインにお金を掛けることは人気のキャバ嬢の証!
名刺を渡すタイミングはそこまで厳しく決められてはないけど、私は挨拶と同じタイミングで渡しちゃうかな。

タイミングについてはこれが正解っていうのは無いから、自分の渡しやすいタイミングでOK。

お酒を作る

キャバクラではお客さんと一緒にお酒を飲みながら会話を盛り上げる場所。

基本的にハウスボトルって呼ばれるお酒は飲み放題で、キャバ嬢がお客さんの目の前でそのハウスボトルで水割りを作って提供するのが基本だね。
お酒の作り方は、決められた配分で決められた分量のお酒を混ぜるだけ!飲食店のバイトをやったことがない人でもすぐ覚えられるよ。

ただ、お客さんが来店した最初のタイミングで作って、あとはお客さんのグラスが半分以下になったら追加で注いで、常にお客さんがお酒を飲めるように気をつけるくらいだね。
追加でお酒を注ぐタイミングは最初は難しいかもしれないけど、接客しながら慣れていけば大丈夫!

お酒を飲みお客さんと会話

あとはお酒を飲みながらお客さんと会話をするのがキャバ嬢のメインの仕事だね。
会話が楽しければお客さんはボトルやドリンクをオーダーしてくれたり、延長や場内指名を入れてくれる可能性もあるからキャバクラではとにかく会話が重要!

キャバ嬢の仕事をするなら、会話を盛り上げること、それから自分がお客さんとの会話を楽しむことが大事っていうことは、働いてきてすごく実感してる。
マジで美人じゃなくても会話が上手ければ人気が出るから!

お客さんに興味を持って、むしろ会話を楽しみながら接客をすると、お客さんの気分も乗せられて営業がうまく行きやすいよ。

タバコに火をつける

最近ではかなり減ってきてるけど、キャバクラには喫煙者のお客さんもたくさん来店するの。

だからもし喫煙者のお客さんが来店して、自分のタバコを取り出したらライターを取り出す合図!
キャバクラではお客さんにタバコの火を点けさせるんじゃなくて、キャバ嬢がお客さんのタバコに火を点けるの。

指を火傷させないように気を付けつつ、お客さんの持ったタバコに火を点けながら引き続き会話を楽しむことを意識してね。
忘れがちなんだけど、このときお客さんの側に灰皿を用意しておくことにも気を配って!そうじゃないとお客さんが吸い殻をどこにも乗せられないからw

灰皿の交換をする

キャバクラでは、灰皿はいっぱいになったら交換するんじゃなくて、1本吸い終わった段階で毎回交換するの。
15分程度の接客で何本も吸う人はなかなかいないけど、もし1本吸い終わったら、新しい灰皿に交換することも忘れずに。
お酒を注ぐタイミング、タバコに火を点けたり灰皿交換するタイミングに気を付けながら会話をする…。

こうして見るとキャバ嬢の仕事ってかなり頭を使う忙しい仕事のように感じるかもしれないけれど、大変なのは最初のうちだけ。
慣れればそこまで苦労せずに絶妙なタイミングで細々した仕事もこなせるようになるよ!

ボトルの交渉をする

お客さんの気分が乗ってきたら、ボトルの交渉に挑戦してみて!
特に高級店ではシャンパンなんかの高級ボトルをどんどん下ろすのが日常茶飯事になってるけれど、新人ならまずは1万円以下の安いボトルから挑戦するのがおすすめ。

そこからだんだん高いボトルを下ろしてもらえるようにおねだり上手になることが、キャバ嬢として稼いでいくためのコツでもあるんだよね。
ボトルの交渉に成功したらお客さんにしっかりお礼を言うことも忘れずに。

連絡先の交換・営業LINE

初めて接客するお客さんの場合は、連絡先の交換は必須!
ヘルプ(他のキャバ嬢の指名客を接客すること)の場合は交換しなくて良いんだけど、フリー(指名のキャバ嬢がいないお客さん)の人とは絶対に連絡先交換してね。

連絡先交換をしたら最初は挨拶や雑談をするところから始めて、ちょっとずつお客さんの心を引きつけていくの。
そこから次の来店や指名に繋げられるように、だんだん営業していくことで指名客を増やせるように工夫するのがやり手キャバ嬢の基本!

同伴・アフターの仕事内容

キャバ嬢の仕事内容として忘れちゃいけないのが同伴とアフター。
私もキャバ嬢の仕事を始めてから、同伴やアフターは何度もやってきてるけど、とにかく同伴とアフターがうまくいくかどうかで、指名本数が変わってくる!

キャバ嬢にとってはちょっと面倒くさい仕事内容かもしれないけど、後々の売上を考えるとやった方が良い仕事であることに変わりはない。
だから、同伴・アフターが上手なキャバ嬢になれるようにその内容と目的、それから注意点については知っておいてね。

同伴

同伴は、お客さんと一緒にお店の営業前に出掛けて、そこから一緒にお店に来店すること。
同伴に応じてもらえればそのままその日の指名客をゲットできるっていうことだから同伴は積極的に誘っていってOK!

私も学生のときは学校のスケジュールもあって営業前の食事だけっていうことが多かったんだけど、本業としてキャバ嬢の仕事を始めてからは買い物とか、軽くデートするような内容の同伴もOKにしてるし。
とはいえ、セクハラされたり無理やりホテルに連れ込まれる可能性もゼロじゃないから、人は選ぶべきだけどw

アフター

アフターはお店の営業後にお客さんと一緒に出掛けること。
基本深夜に出掛けることになるから、アフターについては学生でも本業でも内容は変わらず食事が中心だね。

アフターをすればお客さんの気の済むまでじっくり話してもらえるからお客さんとの距離を縮める、また指名を入れてもらうっていう意味ではかなりメリットがある!
とはいえ、深夜に一緒に出掛けるってことは同伴よりも危険な目に遭う可能性が高いから、アフターについては本当に人を選んだ方が良い!

注意点

同伴もアフターも、キャバ嬢としての営業としてはかなり効果があるし定番ではあるんだけど、同時に危険が伴う可能性が高い営業方法でもあるんだよね。
だから、私が気をつけて欲しいと思うのは、まず人目のある場所を選んで同伴・アフターに行くこと。

個室のお店は避けたり、お客さんの車に乗るのも絶対ダメ!
それから、飲みすぎたらそのままお持ち帰りされちゃう可能性も高いから、どんなに話が盛り上がっても酔い潰れないようにお酒はセーブすることも大事だね。

キャバクラでのお触り事情

あと、ぶっちゃけた話知っておきたいのがキャバクラでのお触り事情!
よくキャバ嬢経験のない友達とかに聞かれるんだけど、キャバクラではお触りが容認されてるかどうかってやったことがない人にとっては不安なところだよね。
正直な話、お触りをしてくるお客さんはいる!ソファで隣同士に座ってるから膝同士が触れ合うこともあるし、お客さんの中には酔っ払ってセクハラしてくる人もいる。

けど、ほとんどのキャバクラでは公然セクハラ、お触りはちゃんとボーイが止めてくれるし、中にはお客さんに対するルールも厳しくてお触り一切NGのお店もある。
だから、お触りが絶対に嫌な人はそうしたお触り一切NGのお店を選ぶのがおすすめだね。

それから、逆にこっちからボディタッチをしてサービスするっていう接客スタイルもあるから、その場合は自分から触ることもあるよ。
お客さんの中には、キャバ嬢の方からボディタッチをした方がお触りしなくなる人もいるし。
ただ、やりすぎると誘ってるのかと勘違いされることもあるからほどほどにw

まとめ

キャバクラでのお仕事事情についてのまとめはこんな感じ!

  • 自己紹介をして名刺を交換する(タイミングはいつでもOK)
  • お客さんの飲むお酒を作りつつ、会話を弾ませる
  • お客さんのタバコに火を点け、灰皿交換にも気を配る
  • 話が盛り上がったらドリンクやボトルのおねだりにチャレンジ!
  • 連絡先を交換して営業LINEを続ける
  • 自衛は優先しつつ、同伴・アフターでお客さんの気を引く

実際列挙するとキャバクラでの仕事って、優雅に見えて忙しいよねw
けど、最初から完璧にできるキャバ嬢なんていないから、自分なりに少しずつ覚えていくつもりでOK!
仕事を覚えていく中で、自分なりの営業方法を見つけてがっつり稼いじゃおう!